株に入門致します

このたび株を始めました。パソコンも使えますが、株は初心者でした。小額の投資から始められるので、おすすめします。このブログでは株についてまだまだ未熟ですが、記していきます。よろしくお願い致します。

株に入門いたします

株を始めた理由

株式投資は誰にでも始めることができ、それぞれの人が自分なりの目的や目標を持っています。
株を始めた理由は人それぞれですが、特に多い理由はいくつか挙げることができます。最も多いのがお金を稼ぎたいという理由です。
この理由は学生や社会社勤めのサラリーマン、主婦、定年退職した人などあらゆる層に当てはまり、株を始める理由として最も多いものです。
投資に成功すれば毎月の給料を上回る副収入を得られる可能性があり、生活にゆとりを持ちたい人や貯蓄を殖やしたい人などがお金を稼ぐことを目的に株式投資を始めるのです。
また、お金を稼ぎたいという理由と関連する理由が自由な時間を得たいというものです。
株式投資でお金を稼ぐことができれば、学生の場合はアルバイトに明け暮れることなく学業に勤しむことができ、サラリーマンであれば会社を辞めて専業投資家としての生活に移行し余暇を増やすことができます。
すぐに自由な時間を得ることは難しいですが、将来的な目標として掲げる人が多いのです。
お金ではなく、経済の知識を得ることが理由である場合も少なくありません。
上場している企業の業績は株価に連動するため、株式投資を通じて多くの企業動向を知ることができるのです。
また、相場に大きく影響を与える国内経済や世界経済の流れや為替市場との関連、国家の金融政策などあらゆる経済知識を身に付けられます。
主婦に多い理由が配当や優待を得るためというものです。
企業によってはギフトカードや無料お食事券など生活に直結した商品を株主優待として配布していることがあり、そういった品々を目当てに投資をする人も一定数いることはよく知られています。
資産を維持しながら生活の質を上げる方法として実践しているのです。

初心者必見!おすすめの銘柄とは

初心者が株式投資をする場合には、おすすめとなる銘柄があります。
日経平均との連動率が高いものは値動きが予測しやすいので、売買のタイミングを判断しやすくなります。
また、このような銘柄は日経平均と乖離することによって、元に戻ろうとする自立変動の動きを見せるようになります。
つまり、何かしらの理由により日経平均よりも下に乖離した場合には、自立反発で上昇する可能性が高まります。
そのような銘柄は安心して購入することができるわけです。
そして購入した後で、逆に高く乖離した場合には売却する必要があります。反動で下がる確率が高まるからです。
このような銘柄はネットで探すことができるので、初心者が簡単に売買のタイミングを知ることができます。
高配当銘柄の掴み方も把握できるようになるでしょう。
また、同様にふたつの銘柄の動きを利用する方法もあります。
値動きの相関性が高いふたつの銘柄に差が広がった場合には、高い方を空売りして安い方を購入するわけです。
いわゆる両建てという状態になり、相場がどのように変動しても損失は限定されることになります。
そしてふたつの銘柄の差が縮まった時に、両方共にポジションを解消すれば利益が生じることになります。
これも初心者が細かな分析をすることなく、簡単に利益を出せる方法となります。さらに増資が決定した銘柄もねらい目となります。
一時的に値が下がるので、そのタイミングで購入することになります。やがて株価は元にもどるので、そこで売却すれば利益となるわけです。
あるいは株式分割が発表された銘柄もチェックが必要です。
このような特殊なケースを探すことで、初心者でも簡単に利益を出せるようになります。
また合併などといったニュースにより、値上がりが期待できる銘柄は多くあります。
初心者は当然知識も経験も少ないのは当然ですから、投資顧問にアドバイスを頼むのも良いでしょう。
投資顧問は数多くありますが、それぞれに特徴があります。
新生ジャパンの口コミのように優良な口コミが多い投資顧問を選ぶことがポイントです。

株投資でテクニカル分析を理解しましょう

株を分析して予測するのはプロでも容易ではありません。
株投資においては、テクニカル分析というのは最も人気のある分析手法といってもいいかもしれません。
一口にテクニカル分析といってもその分析方法は実に多岐にわたっています。
ですが、考え方としては一つで、過去の値動きを参考にして、将来を予測するということです。
基本的には過去に起きたことは、将来についても起こることが多いであろうということを基本的な考え方としています。
テクニカル分析ではチャートという株価の推移を表したグラフを用います。
このグラフを分析して、今の値動きと同じような値動きをしているところを過去の経験から見つけて、将来を予測するというものです。
全く同じ値動きになるということはありませんから、過去に似たような値動きをしたところを見つけてきて、それを今にあてはめるというのが、テクニカル分析の基本ということになります。
ただ、過去のデータの分析範囲をどこまでにするのかということを含めて、いろいろな分析の仕方があります。
長期的な将来を予測する場合には、中期的な範囲でデータを分析しますし、短期的な将来を予測するのであれば短期間のデータを分析することが多くなります。
ですから、テクニカル分析は長期の投資家も短期の投資家も使っている投資手法です。
分析する期間の違いによって、チャート分析方法は異なってきますが、どういう分析方法を採用するのかは、最終的には自己責任で判断することになります。
いかにテクニカル分析が優れていて、多くの人が使っている投資方法でも、正確に将来を予測するということは不可能ですから、最終的には自分の判断で投資をするということにはなります。